アガリクスの健康効果

動脈硬化を予防する

動脈硬化とは、何らかの原因により動脈が傷つき、その傷ついた部分にコレステロールや脂肪が滞留することが原因で引き起こされる病気です。基本的にコレステロールというものは、非水溶なためタンパク質と結合した状態になり血液中に存在しています。


俗に高比重のタンパクをHDL、逆に低比重のリポタンパクをLDLという呼び方をします。健康診断の際などの血液検査にも出てくる項目です。糖尿病や高血圧症などが原因で血管に負荷がかかる事で血管内部の細胞に傷がつくことがあります。


通常、細胞には血管を広げたり血液が凝固するのを防止する効果があるため、細胞が傷つくことにより動脈硬化を防止する働きが極端に低下してしまうのです。そこでオススメとなってくるものが、癌に効果が非常に高く、また免疫力を高めるといったような効果があるといわれている健康食品アガリクスです。


アガリクスにはコレステロールを低下させるために必要とされる食物繊維であったり、不飽和脂肪酸が含まれていますので、高血圧や動脈硬化予防としては非常に優れているのです。


この食物繊維や不飽和脂肪酸にはLDLを活発にさせる成分が含まれており、LDLを活性化されることで細胞内にLDLが取り込まれますので、LDLに含まれているコレステロールを別の物質へと変えてくれますので、結果として脱コレステロールが起こるということなのです。このようにアガリクスは抗癌効果だけでなく、成人病の予防や改善にも高い効果を発揮してくれます。