アガリクスの基礎知識

アガリクスの栽培方法

私たち日本人が好んで食するマグロに天然マグロと養殖マグロがあるように、アガリクスにも天然物と栽培物がありまし。しかし、純天然物のアガリクスは皆無に等しいくらい貴重品で市場に出回ることはほとんどありません。


よくインターネットで販売されているアガリクス商品をみてみると天然アガリクスを使用と掲載されている商品がありますが、そのほとんどが天然物に近い状態で栽培されている自然露地栽培のアガリクスのようです。この自然露地栽培法以外にもハウス栽培法とタンク栽培法の3種類があります。


これら3種類の栽培方法の違いによってアガリクスに含まれる有用成分の量なども大きく異りますので、その効果や効能にも違いが出てきます。効能や効果が違うと言う事は当然価格などにも大きな差がでることになります。


まずは最も高価なアガリクスとされている自然露地栽培法ですが、この自然露地栽培とは、天然物同様に太陽の光をたっぷりと吸収して育つため、主流とされているハウス栽培に比べても数段大きく育ちます。ですが、天候や土壌などの問題にも左右される為、栽培が難しく、世界的にも高額で取引される貴重なアガリクスです。


次に世界的に主流になっているハウス栽培法ですが、室内で栽培されるため、天然物のように大きくは育ちません。しかし、大量栽培できるため価格は安く、日本中国韓国ブラジルなどで多く栽培されています。 そして最後がタンク栽培法ですが、通常食べられることがない、菌糸体と呼ばれる根っこ部分をタンクで培養したもので、以前は日本で多く生産されていましたが現在は段々とタンク栽培は減少しています。