アガリクスの基礎知識

アガリクスに発癌性のリスクがあるって本当か

アガリクスに抗癌作用や免疫力アップ効果がある健康サプリメントとして紹介されて以来、アガリクスを配合した商品は順調に売り上げを伸ばしており、空前のアガリクスブームとまでに言われるほど多くの雑誌や新聞媒体などでも記事が紹介されるようになっていました。


しかし、2006年にアガリクスに対する評価が一変する出来ごとが起こったのです。 アガリクスに癌を助長する危険性があり一部の商品が回収されたというニュースが報道されたのです。この報道を受け労働厚生省も緊急処置的な対応としてアガリクスの服用には十分に注意するようにとの記事を発表したのです。


これら一連の報道を受け、当然のようにアガリクスに対する評価や対応は一変することになり、アガリクス商品の売り上げは激減することになるのです。


しかし、アガリクスに携わる各業者が団結しアガリクスと発癌が無関係であることを必死に各機関に訴えた結果、再調査が行われ、一部のメーカーが販売していた顆粒タイプのアガリクス製品にのみ癌を助長するプロモーターが発見されたと報告されました。 これによりアガリクス製品に含まれていた他の成分に発癌性があり、アガリクス自体に発癌性があるという疑惑は払拭されることになりました。


この調査結果を受け、厚生労働省でも正式にアガリクス自体に健康を害するような副作用がないという安全宣言が発表されましたが、この宣言が発表されたのが2009年ですので実に3年弱の年月が経過してからの終息劇だったことになります。